羊頭狗肉(ようとうくにく)

羊頭狗肉(ようとうくにく)

羊頭狗肉(ようとうくにく)の意味

読み方:ようとうくにく

見かけは立派でも実質が伴っていないという意味。見掛け倒し。

「羊頭を掲げて狗肉を売る」を略したもので、立派な羊の頭を看板に掲げながらも、実際は狗(犬)の肉を売っているという意味からきています。

羊頭狗肉(ようとうくにく)の出典

「羊頭を掲げて狗肉を売る」は南宋時代の禅書『無門関』が出典とされているが、羊頭狗肉と同じような意味では、後漢書(ごかんじょ)では「羊頭を掲げて馬輔(馬肉)を売る」、晏氏春秋(あんししゅんじゅう)では「牛の首を門に掲げて馬肉を内に売る」といった同様な内容の記述があります。