唯我独尊(ゆいがどくそん)

2020年11月21日

唯我独尊(ゆいがどくそん)四字熟語

唯我独尊(ゆいがどくそん)の意味

読み方:ゆいがどくそん

自分だけが特別に優れているとうぬぼれること。

「唯我」は自分のみという意味で、「独尊」は他の誰よりも自分だけが唯一尊いということ。

「天上天下唯我独尊」の本来の意味

「唯我独尊」という言葉は、現在では自分が他の誰よりも特別に優れていると思い込んでいるというひとりよがりとしての意味で使われるが本来は仏教の「天上天下唯我独尊」から転じた言葉となっています。

「天上天下唯我独尊」は釈迦が生まれた時に七歩歩き、右手で天を指し、左手は地を指してこの言葉を唱えたとされています。

この言葉の解釈には諸説あり、釈迦が我こそが世界で一番尊い存在であることを言ってるという解釈や、釈迦自身ではなく、それぞれの人間の個に対する意味として人は誰でも唯一無二の存在であるという意味での解釈があります。

「天上天下唯我独尊」の出典元

「天上天下唯我独尊」という言葉は、西遊記で有名な三蔵法師の著書「大唐西城記」から「天上天下 唯吾獨尊 今茲而往 生分已盡」と記されている。

また、この言葉は元々釈迦ではなく、過去七仏の第1仏の毘婆尸仏(びばし)が生まれた時に言った言葉だという説もあるようです。