四字熟語

鏡花水月(きょうかすいげつ)の意味

読み方:きょうかすいげつ

目に見えるが、手にとることはできないもの。そのたとえ。

また、詩や文学など、感じ取れるがそれを言葉で表すことができない趣のたとえ。

四字熟語

明明白白(めいめいはくはく)の意味

読み方:めいめいはくはく

非常にはっきりしていて、疑わしい点がまったくないこと。

「明白」の「明」と「白」をそれぞれ重ねることで、それが明確で

四字熟語

黒風白雨(こくふうはくう)の意味

読み方:こくふうはくう

強風が吹き荒れて、強い雨が降ること。

「黒風」は空を暗くするような暴風のことで、「白雨」は、にわか雨のこと意味します。

四字熟語

羊頭狗肉(ようとうくにく)の意味

読み方:ようとうくにく

見かけは立派でも実質が伴っていないという意味。見掛け倒し。

「羊頭を掲げて狗肉を売る」を略したもので、立派な羊の頭を看板に掲げながらも、実際は狗(犬)の肉 ...

四字熟語

唯我独尊(ゆいがどくそん)の意味

読み方:ゆいがどくそん

自分だけが特別に優れているとうぬぼれること。

「唯我」は自分のみという意味で、「独尊」は他の誰よりも自分だけが唯一尊いということ。

四字熟語

笑止千万(しょうしせんばん)の意味

読み方:しょうしせんばん

1.非常にくだらないこと、もしくはそのさま。

2.非常に気の毒なこと。

2つの意味で使われますが、主に使われるのは前者のくだらない、ばかば ...

四字熟語

悪鬼羅刹(あっきらせつ)の意味

読み方:あっきらせつ

悪鬼羅刹(あっきらせつ)は、人に害を与える恐ろしい化物・妖怪のことを意味します。

悪鬼羅刹(あっきらせつ)の由来

悪鬼羅刹は「

四字熟語

温故知新(おんこちしん)の意味

読み方:おんこちしん

昔からの事柄・教えを学ぶことで、新しい知識や知見が得られることを意味します。

「温故」の「温」の字には学ぶという意味があり、「故」の字は「故事」といったように ...

四字熟語

因果応報(いんがおうほう)の意味

読み方:いんがおうほう

行った行為に対して、それに応じた報いが返ってくること。

「因」は原因、「果」は果報(原因に対する結果)のことで、良い行いをすれば良いこと(報い)があり、悪 ...

四字熟語

春花秋月(しゅんかしゅうげつ)の意味

読み方:しゅんかしゅうげつ

春の花と秋の月のことで、季節折々の自然の美しさをたとえたもの。

春花秋月(しゅんかしゅうげつ)の類語花鳥風月(かちょう