因果応報(いんがおうほう)

因果応報(いんがおうほう) 四字熟語

因果応報(いんがおうほう)の意味

読み方:いんがおうほう

行った行為に対して、それに応じた報いが返ってくること。

「因」は原因、「果」は果報(原因に対する結果)のことで、良い行いをすれば良いこと(報い)があり、悪いことをすれば悪い結果が返ってくることを意味しています。

元々は仏教用語で、前世もしくは過去その人の行った行為が原因で、その結果として現在良いこと、悪いことが報いとしてもたらされることを言います。

本来は善悪両方に対する意味だが、現在は悪い行いに対して悪い報いを受ける意味合いで使われることが多い。

因果応報(いんがおうほう)の類語

  • 三世因果(さんぜいんが)
  • 自業自得(じごうじとく)
  • 善因善果(ぜんいんぜんか)
  • 悪因悪果(あくいんあっか)